増加傾向 | 法律の分からない事は法律相談で綺麗さっぱり解決しよう

増加傾向

慰謝料が増加傾向にある

昔から、離婚をする夫婦は必ずいます。その原因は様々ですが、最近離婚する夫婦が増えている原因としては性格の不一致や不倫などが挙げられます。離婚をする際には必ず財産分与などの問題が発生しますが、最近重視されているのは一方に帰責事由がある場合の慰謝料の問題です。 慰謝料は女性なら必ずもらえると考えている人が多くいますが、そうではありません。男女関係なく帰責事由があればその人から貰うというのが慰謝料なのです。ですから、慰謝料が発生しない場合も多くあります。最近の傾向としては、裁判離婚などの時の慰謝料の額がかなり多くなってきているというのが挙げられます。高くすることで、今後の過ちを起こさないようにしたり反省させることが目的とされています。

多くの法律家が対応してくれる

離婚をする場合は、夫婦間での話し合いがまとまるのであれば自分たちで解決しても問題はありません。しかし、実際には多くの夫婦がお金や親権のことで揉めて、楽には離婚ができないという状況になっています。そのため、最近では弁護士や司法書士などの法律家に離婚についての相談や依頼をする人が増えています。 昔からプロの法律家に相談をする人は多くいました。しかし、最近ではお金の問題や親権の問題で利用する人が急増しているのです。相談件数が多くなってきているということから、離婚問題を専門に扱う法律家も出てきていますし、普段は書類作成を主な業務とする行政書士も相談なら受け付けることができるようになりました。そのため、多くの法律家が対応してくれるという状態です。